ウォーターサーバーは停電になったらどうすればいい?

家族の健康や赤ちゃんのことを考えて、ウォーターサーバーを家庭に導入する方は増えてきています。

そんな中、電化製品であるウォーターサーバーは停電時に使用できるのかどうかわからない方も多いのではないでしょうか。

重力を利用して水を出しているタイプのウォーターサーバーは、停電時でも利用可能です。

一方、モーターなどの電気の力で水を出すタイプのものは使用することが出来ません。

ほとんどのウォーターサーバーは災害時のことを考えられていて、使用出来るように作られています。

しかし停電時の使用では注意しなければいけない所があります。

停電時の使用で注意しなければいけない所とは?

注意ポイントその1は「温度調節ができない」

通常、電気を利用して水を温めてお湯を出したり、冷やして冷水を出したりする事ができますが、停電時には通電していないため水は常温となります。注意しましょう。

注意ポイントその2は「ボトル開封がされた水は消費期限が短くなる」

通常の使用である場合、加熱や冷却によって水を殺菌することができますが、停電時はそれが出来ません。

特に夏場は菌の繁殖が早いため、さらに注意が必要です。

開封してしまったものは早めに使い切ることにしましょう。

注意ポイントその3「コンセントを抜く」

停電時はもちろん電気が通っていませんが、復旧後に大量に電気が流れてくることが原因で本体が故障する可能性があるからです。

そのため必ず停電の際は、コンセントを抜くことを忘れないでください。

落ち着いて対処すれば停電時でもウォーターサーバは便利

私は実際にウォーターサーバーを利用していて良かったと自ら実感したことがあります。

私の家はオール電化で、水道も電気を利用して出てくるタイプだったので、停電になるといつも困っていました。

オール電化になるまでは、水道の蛇口をひねっても水が出ないというのは経験したことがなかったからです。

しかしウォーターサーバーを利用するようになってからは停電時でも水が使用できますし、非常に助かっています。

まとめ

停電しているのでお湯や冷水は出ませんが、水が使えるというだけで全然違います。

今では停電しても不安になることはありません。

皆さんの家でも、オール電化の方がいらっしゃるのではないでしょうか。

私と同じように停電の際、水が使用出来なくて困ってしまったという経験があることでしょう。

そんな時、ウォーターサーバーを利用すれば困っていた停電時でも安心です。

さらに家庭の水が安全で美味しい水になりますし、料理に利用するのも良いです。

赤ちゃんがいらっしゃる家庭には非常にオススメです。

是非、利用されてみてはいかがでしょうか。