気になるウォーターサーバーの電気代について

皆さまも一度は電気屋さんやテレビショッピングで目にした事があるウォーターサーバー。

時間に関係なくご自宅で、いつでもほど良い温度の冷水や温水を飲む事ができる簡易的なツールとして、最近では各ご家庭でもウォーターサーバーの普及が進んでおりますので、我が家でも導入を検討したいと考えている方も少なくはないと思います。

しかし、どうしてもそこで気になるのが月々の電気代です。

特に夏はタダでさえエアコンの電気代が高いので、更に上乗せをしてどの位家計を圧迫してしまうのかと言う事がネックとなってしまいます。

とは言えウォーターサーバーを使うと言う事はどうしても電気代が掛かってしまいますので、今回はそんなウォーターサーバーの導入をしたいけれども具体的にどの位見ておけば良いのか?

と言うお悩みを持つ方にお役立ちの情報をお伝えいたします。

気になるウォーターサーバーの電気代は?

では気になるウォーターサーバーに掛かる電気代ですが、これは一律ではなくてウォーターサーバーの種類にもよって1日または一ヶ月に掛かる電気消費量が異なるので様々です。

またもちろん使用環境によっても少し差が生じますが、参考として比較的多くの電力を消費するタイプのウォーターサーバーで次に約1000円位となり、また消費電力量が少ないタイプだと月に約500円位となります。

また最近では色々な付加価値が付いているタイプもあります。

  • オートクリーン機能が搭載されているタイプ
  • 紫外線(UV)除菌タイプ
  • 抗菌剤タイプ

これらを比較をすると更に電気消費量が多くなる傾向になりますので、上記に記載をした金額が絶対ではなくなる場合もあります。

ウォーターサーバーの電気代は高いのか?

ではウォーターサーバーの電気代は高いのか?と言うお話しをさせていただきます。

簡単に比較が想像できる電気ポットと比べて見ると一回に大量のお湯を消費する事ができるウォーターサーバーですが、確かにそれだけ電気を消費すると言うイメージもいとめません。

しかし実際の所は電気ポットとウォーターサーバーだと一ヶ月に掛かる電気量はあまり変わらないので、電気代もほぼ同額であると言われています。

具体的には2.2リットルの標準的な電気ポットで1日に2回お湯を満タンの状態で沸騰させて更に保温モードにしておくと1日の電気代は大体900円となります。

ですので必ずしもウォーターサーバーが極端に高いと言う事でもないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どうしてもウォーターサーバーはサイズが大きな機械と言うイメージからさぞかし電気代が高いのではないかと思われがちですが、今回の事でそのイメージも払拭されたのではないかと思っています。

少しでもウォーターサーバーを検討されている方が安心していただけたら幸いです。