初めてのウォーターサーバー

毎日の健康を考えるうえで水の価値が再認識されているのですが、その水をおいしいと安全を両立させることを考えた時にお店だけでなく一般家庭にも普及しているのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは専用のボトルに水道水もしくはミネラル水を無菌状態の場所で注入した後に契約した家に送りとどけるとともに、同じく自宅に専用の水を出すサーバーを設置して水の入ったボトルを差し込むことで利用することのできる自動水出し機器です。

ウォーターサーバーのメリットとしては、ウォーターサーバーは自動水出し機器ですが真水の温度だけでなく内部には電気で温めることのできるヒーターも内蔵しているため冷水と温水を切り替えることができるので飲み水だけでなく料理においてもお湯を使いたいときにすぐに飲むことができます。

ウォーターサーバーの仕組み

わざわざお湯を沸かしたりお水を冷蔵庫で冷やしておかなくても、レバーをひねるといつでも熱湯や冷たいお水が飲めるウォーターサーバー。

機械本体はひとつなのにどうして、毎回温度の違うお水が出てくるのか不思議です。

このように便利なウォーターサーバーにはいつでも私たちが希望する温度のお水を提供するための工夫がされているのです。

そもそもウォーターサーバーの内部は水を冷却するための機能と、水を温めるための機能が備わっています。

各メーカーによってそのしくみは少しずつ違ってきますが、主な構造には共通した機能が備わっています。

各サーバー専用のお水のボトルがセットされたあと、ボトルのお水は一旦サーバー本体内にあるタンクの中に貯蔵されます。

サーバー内には冷水用、熱水用とタンクがそれぞれあり、冷却機能、加熱機能によって温度調整され貯蔵されており、私たちが必要な用途に応じそれぞれ適温の温度のお水を提供してくれるのです。

設置時には、タンクの水を温めたり冷やしたりするのに時間がかかりますが、あとは飲んだ量の分だけ、また自動的にタンクに貯まるので、好きな時に好きな温度のお水が飲めるというわけなのです。

ただ、この機能は常に電気が入っている状態で働くものなので、電気代がもったいないからと電気を切っておくと機能しませんし、雑菌が繁殖しやすくなるなど衛生面で問題もあるので、常に電気は入れておいてくださいね。

ウォーターサーバーから熱湯が出てくる仕組み

ウォーターサーバーから熱湯が出てくる仕組みは、ひとことで言うと電気ポットと同じような単純な仕組みのものです。

温水タンク内に設置された金属棒が加熱されることによってお水も90℃まで加熱され、そのまま一定の温度を保ち提供されるという仕組みなのです。

ウォーターサーバーから冷たいお水がでてくる仕組み

ウォーターサーバー内のお水を温める仕組みは単純なものですが、反対に冷たく冷やす仕組みには2種類あり、それぞれの特徴で約5℃の冷たいお水を提供するようになっています。

ひとつは「電子式」といわれるもので、ベルチェという素材に電気を通すと温度が下がるという仕組みを利用したものです。

電子式を利用すると温度を下げるのに3時間程度かかるのですが、消費電力が抑えられるため一般家庭には向いているといわれています。

もうひとつは「コンプレッサー式」といわれるものです。

これはタンク内に冷媒を設置して中の水を循環させることでタンク内の水を冷やす仕組みです。

この方式は比較的短時間で水が冷えることや、大量に水を冷やせることで業務用や大家族向きの方式であるといわれています。

ウォーターサーバーの飲み水以外の使い方ってあるの?

最近では、一般家庭にも普及されているウォーターサーバーですが、初めて使うときにはどのように使うのか、簡単に操作できるのかなど様々な不安がいっぱいですよね。

まずウォーターサーバーはお湯と冷水どちらもレバーをひねるだけで簡単に使えます。

そしてこのお水はただの飲み水としてだけではなく様々な活用法がありますよ。

コーヒー、紅茶はもちろん、お料理に使ったりご飯を炊くときに使っても美味しく炊けるのです。

ウォーターサーバーは24時間動いているので、忙しい朝などもお湯を沸かすことなくすぐに使えますし、赤ちゃんのミルク作りなどにも利用できます。

また、国内メーカーのお水はほとんどがまろやかな軟水なので、お出しや、煮物などお料理つくりにも最適なんです。

そして、これまでのようにスーパーなどで重たいペットボトルの便を買わなくても宅配してくれますし、電気代も1日\30~40程度と飲料水などを飲む量が減ることを考えれば経済的にもお得ですよね。

初めてのウォーターサーバーで選ぶポイント

これまで公共の場所やオフィスでしか見かけなかったウォーターサーバーですが最近では、家庭への普及とともに、大きさやデザインなど様々な種類のものが登場しました。

そこで初めてウォーターサーバーの利用を考えると、種類がたくさんありすぎてどんなものが便利か悩んでしまいます。

ウォーターサーバーを選ぶポイントとしてはいくつかありますが、まずは「お水」です。

お水の種類には大きく分けて天然水、RO水というものがあります。RO水は比較的コスト面を押さえられるのですが、家庭ではお料理にも使え美味しく飲める天然水をおすすめします。

お水のボトルの種類も一定期間で業者が回収にくる「回収型」と使い捨てのパックやペットボトルタイプのボトルで届く「ワンウェイ型」の2種類ありますが、回収日までボトルを保管しておかなくても良く、簡単に資源ごみで出せるタイプのワンウェイ型が良いでしょう。

最近ではサーバー機器本体も様々な大きさ、デザインのものがあります。

「床置きタイプ」や「卓上型」また色やサイズ、おしゃれなデザインのものまでそろっています。

各家庭での用途別にどこに置くのかも考えてお部屋に合ったものを選びたいですね。

また、一番気になるところがコスト面です。

レンタル料金ばかりに目を奪われて、安いところを選んだけどかえって電気代が高くついたなどもありますので、ウォーターボトル料金、レンタル代、電気代、メンテナンス代すべてをトータル的に考えて選ぶようにしましょう。

また、配送日指定ができる宅配システムであるかどうか、契約条件や途中解約金、月々一定のお水を使用しなければいけないなどのノルマなどもチェックしておきましょう。

自分に合う水で元気な毎日を

日本人の体は、軟水に慣れているので、硬水を飲んでしまうとその刺激に体が驚いてしまうことがある為、軟水を飲んだのが良いと言えるでしょう。

ウォーターサーバーでは、きちんとろ過し、安全基準をクリアしている美味しい軟水を楽しむことが出来ます。

水を飲む場合は、その安全性はもちろんですが、やはり美味しさも求められることから、しっかりとした基準そして、独自のろ過方法によって美味しい水を提供されるようになっています。

ウォーターサーバーであれば、ご自宅やオフィスに置いておくだけで、手軽に冷たい水、常温、熱湯を楽しむことが出来る為、そのまま飲むもよし、お茶を淹れる時に使う事も出来先ず。

赤ちゃんがいるご家庭でも、ミルクを作る時に非常に役立ちますから、ウォーターサーバーの導入がおすすめです。

また、災害時用の非常飲料水としても活躍してくれます。

胃腸が弱いと嘆いている日本人は沢山いらっしゃいますが、もしかしたら、その原因はいつも飲んでいる水にあるのかもしれません。

自分のお腹にあった水が楽しめるウォーターサーバーを飲んで、お腹の中から体調を整えて、元気な毎日を過ごしましょう。

ウォーターサーバーを利用した詐欺に注意!

店頭などでお試し体験やくじ引きを行っていて、ウォーターサーバーが商品となっているところを見たことはありますか。

それはウォーターサーバーを利用した詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

くじ引きをするとウォーターサーバーが確実に当たるようになっているのです。

しかし当たったといっても商品がその方のものになるわけではありません。

無料ではありますが、レンタルとしての扱いになります。

ウォーターサーバーレンタル料無料が落とし穴

くじ引きでウォーターサーバーが当たり、レンタルだとしても無料だからといって契約して設置してしまうと大変なことになります。

これはお試し体験の際にも同じです。

自分自身でウォーターサーバーが必要だと判断して設置をした場合には困ることはありませんが、ウォーターサーバー専用の水を月々購入しなければならないのでお金がかかります。

しかもその水の水質によっては1ボトル5000円ほどするものもあります。

ウォーターサーバーを全く利用しない方にとってはとても大きな出費となります。

いくら水質の良い水だとしても利用目的がなければ意味がありません。

契約解除には解約金が発生する

実例としてお試し体験やくじ引きをきっかけにウォーターサーバーを契約してしまった方の中には契約解除の際、解約金として数万円ほど要求された方もいらっしゃいます。

これはクーリングオフ制度を利用し消費者センターへ相談すれば解決できる可能性があるので、すぐには支払わないようにしましょう。

しかしクーリングオフは8日以内とされていますので、早めの連絡をしてください。

解約金がかかると口頭では聞いていなくても、契約書などに記載されてあれば支払う以外に方法がなくなってしまいます。

事前に書類を確認しておくことがとても重要です。

気をつけましょう。

契約する場合はよく確認してからにしましょう

実は私もくじ引きでウォーターサーバーが当たり、無料だからと契約してしまったことがありました。

最初のうちは気にせずに使用していたのですが、利用頻度も少ないこともあり解約をしようと連絡をすることにしました。

すると相手側から「解約金が○万円かかります」と言われ、焦ったことを今でも覚えています。

色々と話し合った末、諦めて解約金を支払いました。

非常に恐い体験でした。

確かにウォーターサーバーは便利で良質なものです。

しかし自分自身で利用目的がないまま、契約してしまうのはお勧めできません。

ウォーターサーバーを導入したいという方は自分でどの会社が良いか選んで契約するのが一番です。

私と同じような失敗をしないためにも、ウォーターサーバーのお試し体験やくじ引きには十分注意してください。